大きくする 標準 小さくする

記事一覧

伯耆町の不思議

2018/11/28 ギャラリーだより

「大手筋」というのは通称で大手筋のアーケードに面している町内には両替町・銀座・新町・東大手町・平野町・伯耆町・納屋町と有りますが、このうち大光寺さんのある伯耆町の区画は不思議な形をしています。かぎ型に大手筋を横断し向かい側に伸びているのです。伯耆なにがしの屋敷跡だとしても、なんでこんな区画なのか見当もつきません。そういえば南へ伸びた伯耆町は東側で、西側は平野町になるのですがこの通りには名前がありません。大手筋より北は南部町なのですが・・・。突き当りに消防署が有るので「ファイヤー・ストリート」というのはどうでしょう。11月30日(金)は「青空市」、12月1(土)~2日(日)には「麒麟座子供教室展」があります。

三栖の閘門

2018/11/27 ギャラリーだより

朝の散歩で気候の良い10月から11月にかけては三栖の閘門までよく行きます。中書島の街を抜けたり、疎水べりを行ったり、高瀬の堤防から回ったり。宇治川には川霧が立ち、鳥の群れが飛び、比叡北山愛宕から西山天王山生駒葛城和束宇治醍醐桃山まで四面一望です。送電塔がはるかに連なり、第2京阪道の白い橋の上を行く車がよく見えます。横大路処理場の白い蒸気の煙がいつも二筋立ち上がっています。三栖の堤沿いに大木や植えられた花々を楽しみながら帰ります。疎水と宇治川本流の水位差は7,8メーターはあるように見えます。昔は閘門から船が出入りしていたとはとても思えません。本流の水位低下はどのようにして起こったのでしょうか。天ヶ瀬ダムができ上流から運ばれる土砂がなくなり流出するだけになったのでしょうか。12月1・2日麒麟座子供絵画教室があります。

南浜と北浜

2018/11/22 ギャラリーだより

私は南浜小学校を出ました、学校は昔三十石船が通っていて今は「宇治川派流」と呼ばれる川の北側にあります。北浜公園はこの川の南側にあります。北にあるのに南浜、南にあるのに北浜というのはおかしいのではないか、と思った時もあるのですが、これは「浜」を利用する人と利用していない人の意識の違いなのですね。浜を利用する人の南にあるのが南浜、北にあるのが北浜というわけなのでしょうね。11月22日~26日まで「川口ダンの世界」展です、ほんわかとした楽しい絵や陶器の世界をお楽しみください。作品絵はがき100円・マンモスやきもの5,000円・アルマジロの絵40,000円などいずれも価格付き展示です。

お酒とカレー

2018/11/10 ギャラリーだより

大手筋商店街の行事として5回目を迎える伏見の清酒まつり、今年は11月17日(土)14時から18時です。各酒蔵自慢のお酒が飲める屋台がたくさん出ます。詳細は大手筋商店街のHPでごらんください。納屋町商店街では「カレーなるイベント」と題して第2回のカレー祭りをされます、こちらはポスターをご覧ください。     11月後半の催しは14日(水)~19日(月)かわな興業「住宅建築設計相談会」、22日(木)~26日(月)絵画展「山口ダンの世界」などがあります。

平野町

2018/11/05 ギャラリーだより

ギャラリーのある平野町は伏見城下の町並みで平野権平長泰の屋敷があったところと言われています。彼は秀吉の騎下で功名を上げ、賤ヶ岳の七本槍の一人としても有名です。のち徳川秀忠に仕え奈良の田原本に領地を受け、その家は小録ながら幕末まで続きました。平野町には代々町内で守っているお稲荷さんが有ります。もしかしたら平野権平屋敷内に祀られていたのかもしれません。11月8日(木)~10日(土)ハワイアンキルトの作品展「ナロメリ展」、11日(日)は昼席の落語会を中心の催しがあります。

コバヤシ万年筆病院の西に縫い糸毛糸などを扱う「田村糸店」

2018/10/28 ギャラリーだより

しばらくご無沙汰しているうちに御香宮産のお祭りも時代まつりも済んでしまいました。前回のつづきで大手筋町内の話です。コバヤシ万年筆病院の西に、縫い糸毛糸などを扱う「田村糸店」、電話売買の「板倉電話」がありました。どちらももう無くなった業種です。私のところ「佐々木勉強堂」の電話番号は伏見の413番でした、今は601-0413です。伏見で413番目についた電話です。「酒は1番電話は2番」という宣伝文句があったように思います。電話設置を申し込んでもすぐにはつかず、良い番号の電話が高く売られていました。私の自宅の番号611-2220は板倉さんの斡旋です。板倉さんのお店は今靴下屋さんです。11月2日~4日の三日間久しぶりに絵の展覧会長嶋敬三傘寿記念絵画展があります。

万年筆病院

2018/10/01 ギャラリーだより

9月21日のタナカ散髪屋さんの藩士の続きです、先日テレビを見ていたら東京の「万年筆病院」が紹介されていました。大手筋にも「コバヤシ万年筆病院」がありました、タナカ散髪屋さんの隣、今の「洋服の病院」さんのところでした。東京は商圏が広いから昔の商売が残っているのですね。今ではペンと言えばボールペンですが以前はつけペンか万年筆を指しました。ペリカン・パーカー・パイロットなど万年筆のブランドを思い出します。ボールペンを始めて見たのは露店で、「ザラ紙にでもスラスラ書けるよ」というのが売り文句でした。10月に入って4日は一般社団法人millesさんのアロマトリートメント、グッズの販売、5日は三源庵さんのカステラ販売があります。

ミソハギの花

2018/09/27 ギャラリーだより

散歩コースの公園にミソハギの花が咲いています。この花が実になるとヒッツキムシになるので見つけると抜いています。柿畑の柿はカラスの食べ放題です。今年は9月29日から御香宮さんのお祭りがはじまります。

田中の散髪屋さん

2018/09/21 ギャラリーだより

以前大手筋4番街南側の東の角はタナカの散髪屋さんでした、職人さんが何人もいて仕事しているのが窓から見えていました。今ではお隣の「チョキペタ」さんに朝からお客さんが並んでいます。美容室なのですが男の人もいます。大手筋ギャラリーには公文書写教室・堀口育子論語教室・麒麟座絵画教室の三つの教室が開かれています。いずれも女性の先生です。9月の末は、23日アイビー化粧品さんのほか、22日キラキラフェア・26日オオバンズマルシェ・27日パワーストーンクラブ・28日青空市と手作り市がならびます。

ギャラリーの前に大光寺さんがあります。

2018/09/14 ギャラリーだより

ギャラリーの前に大光寺さんがあります。子供のころは「おやこっさん」「おやこっさん」と呼んで境内で遊んだものです。「おやこっさん」というのは「お薬師さん」さんのことだったんですね。大光寺の境内には立派な薬師堂があり、戦前は毎月8日と12日は縁日で夜店が出て賑わいました。ここへの郵便物も「大手筋ヤクシ前」で届いていました。その薬師堂も今年になって解体されてしまいました。大光寺さんのまわりは10余軒のお店に囲まれています。18日(火)~20日(木)恒例のパオさんのセールがあります。

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31